ドラフト1位・松本(中)「真剣さ」求めた父の存在

西日本スポーツ

2015ルーキーズ ドラフト1位・松本裕樹(中)

 中学生になった松本は硬式の「横浜瀬谷ボーイズ」に入った。今度も兄・健太と同じチーム。指導した杉山千春監督は「特別に球が速いわけではなかった」と当時の印象を語るが、早くも中学1年の後半に試合での登板機会を与えられた。

 「打者や走者の動きを感じ取るセンスがあった。状況に合わせた投球ができていた」。杉山は天性の投球センスに可能性を感じていた。右肘痛を抱えた今夏の甲子園で、優勝候補の東海大相模高(神奈川)を抑えた投球術の片りんを当時から見せていた。

 中学2年の秋にはエースナンバーの背番号1を着けた息子に、父の浩は野球に対する真剣さを求めた。裕樹の4学年下の三男、跳馬(しゅうま)も含めた三兄弟に命じたのは「何事も真っ正面から取り組むこと」。遊び感覚なら続ける必要はない、というものだった。

 もちろん、父も真剣だった。午後10時に練習を終えた息子たちが帰宅すると、食卓と和室のふすまを外してバドミントンのシャトルを使って打撃練習。畳のへりを投手プレートに見立てたシャドーピッチングでは、軸足の右足で蹴る部分がどんどんすり減った。

 父の思いを感じた松本は、自らランニングの量を増やした。「父は時間がない中で、練習に付き合ってくれた」。愛情にあふれた自宅練習の成果もあり、中学3年で球速は130キロを超えた。中学時代に全国大会の出場はないが、高校進学の際は神奈川県内の強豪校からも勧誘があった。

 中学3年の秋に、父とともに東北や北関東の有力校も見学。悩む松本に杉山監督は尋ねた。「甲子園に行きたいのか、プロになりたいのか」。プロ志望を確認した上で薦めたのが盛岡大付高。雪の多い東北では一般的な室内練習場をあえて設置していないことでも有名な学校だった。その岩手には、後にプロで投打二刀流に挑む“怪物”がいた。 (谷光太郎)

 =敬称略

PR

PR

注目のテーマ