ドラフト1位・松本(下)大谷擁する花巻東との対戦で刺激

西日本スポーツ

2015ルーキーズ ドラフト1位・松本裕樹(下)

 プロ入りへの決意を胸に秘め、松本は横浜市から遠く離れた岩手・盛岡大付高に進学した。「おまえに合っている」と助言したのは、中学時に所属した硬式チーム「横浜瀬谷ボーイズ」監督の杉山千春だ。室内練習場がない同校は、冬場は雪上で長靴を履いてランニングや打撃を行う。下半身への負担が大きい分、投打の土台ができる。杉山の狙いは当たった。

 後に「大谷2世」と呼ばれる逸材の輝きを同校の監督、関口清治が振り返る。「コントロールが乱れる場面をほとんど見た記憶がない。指先の感覚は天性のもの」。そんな原石が大きな刺激を受けたのが岩手の高校球界の中心で、ライバル花巻東高のエース大谷翔平(日本ハム)だった。

 松本が背番号「10」だった1年の春季東北大会準々決勝。甘く入ったスライダーを、当時3年の大谷にバックスクリーンまで運ばれた。「すごい人がいるんだな」。悔しさとともに、制球力の大事さを思い知らされる記憶となった。

 夏の岩手大会決勝は1年から3年まで花巻東高との対決だった。1年時はベンチから応援し、大谷を擁するライバルを下して甲子園への切符をつかんだ。背番号「7」で主戦だった2年時は、6回途中5失点で敗戦投手になった。

 「花巻東に勝たないと全国にいけない。もっと体を大きくしたい」。当時は身長179センチ、体重70キロ。2年の秋から冬にかけ細身の体に毎晩1キロの白米を押し込み、体重は10キロ増、直球の球威も格段にアップした。2人部屋の寮では、寝起きしていた2段ベッドの下段から目に入るように「全国制覇 ドラフト1位指名」と書いた紙を上段の底板に貼り付け、決意を何度も確認した。

 背番号「1」で迎えた高3夏。甲子園のマウンドには立ったが、右肘を痛めた。それでも初戦の2回戦で優勝候補の東海大相模高(神奈川)に9回3失点の完投勝ち。「高校でやるべきことはできた」。プロではまず右肘の完治に専念する。福岡で「66」を背負い、新たなエース道を歩み始める。 =敬称略

 (谷光太郎)

PR

PR

注目のテーマ