ドラフト2位・栗原(下)「無名の公立校」から甲子園初出場

西日本スポーツ

2015ルーキーズ ドラフト2位・栗原陵矢(下)

 中学3年で中部ブロックの選抜メンバーにも選ばれた栗原には、県内外の強豪校から進学の誘いが届いた。ところが、当時所属する福井ブレイブボーイズの南博介監督が勧めたのは、甲子園出場が一度もない春江工高の練習見学だった。

 春江工高の川村忠義監督は、南の福井商高時代の同級生。「無名の公立校で甲子園を目指す」という情熱に加え、選手の自主性を重んじる指導法が魅力的だった。「強豪校でもまれるのもいいけど、新しい歴史をつくるのも面白い」。進路決定に迷いはなかった。

 「まさか来てくれるとは」と驚いた川村は、入学直後から栗原を正捕手に抜てき。好機に強い打撃と強気なリードで活躍し、1年秋の北信越大会で初優勝。その後の明治神宮大会の初出場を決め、翌春の選抜大会の出場権もほぼ手中にした。

 失敗をエネルギーに変える強さもあった。明治神宮大会直前の練習試合では、序盤に6点の大量失点。涙ながらに交代を直訴した栗原に対し、川村は「好きな野球を簡単に投げ出すのか」。その言葉で自分を取り戻すと、好リードと自身の逆転打で勝利に導いた。

 「逆境でも諦めなければ、何か起きることが分かった」。明治神宮大会は準々決勝で浦和学院高に逆転勝利して4強入り。翌春の選抜大会は初戦で常葉菊川高に5-9で敗れたが、春江工高にとって、記念すべき甲子園初出場を果たした。

 今秋の野球18U(18歳以下)アジア選手権では日本代表として、ドラフトで巨人1位の岡本和真(智弁学園高)、西武1位の高橋光成(前橋育英高)らとプレー。「練習の意識の高さだけではなく、食事の量でも刺激を受けた」。本来は食が細い栗原だが、その後は食事量も懸命に増やした。

 学校統合のため、2016年3月に春江工高の名前は消える。「地元の福井県や母校のためにも頑張りたい」。プロでも活躍して、故郷に明るい話題を届ける。 =敬称略

 (永松幸治)

PR

PR

注目のテーマ