どうした?デスパイネ 試合中に異変「フラフラする」 1打席で交代

西日本スポーツ

 ◆西武5―2ソフトバンク(30日・メットライフドーム)

 どうしたデスパイネ!! 先制した試合では勝率7割超の強さを見せていた工藤ホークスが、1点を先制した直後の4回に逆転を許して敗れた。柳田や中村晃ら主力を故障で欠き、キューバ代表に合流中のグラシアルも不在の打線は迫力不足が否めず、頼みの4番デスパイネも4回の第2打席で代打を送られて交代。今季はここまで西武に4戦4勝だった高橋礼を援護できず、試練のロード9試合は黒星スタートになった。

 後半戦に入り波に乗れないチームを象徴するようなイニングだった。1点ビハインドの7回。無死から金子侑の二ゴロを処理した明石のランニングスローは、一塁を大きくそれる悪送球となった。二塁まで進塁を許すと、その後犠打と死球などで1死二、三塁。逆転へ向けてこれ以上の失点が許されない中、嘉弥真が源田を二ゴロに仕留め2死までこぎつけたが、ここでさらなるミスが飛び出した。

 2死二、三塁から外崎の放った打球は高く弾み遊撃前へ飛んだが、前進しながら捕球を試みた途中出場の川瀬が、これを後逸。この回無安打ながら、2失策が絡み痛すぎる2失点だ。終盤でリードを3点に広げられると、残り2イニングで打線は反発できず敗戦。「エラーすることもあるんですけどね、それをいい糧にして成長していってほしい」。試合後メットライフドーム名物の長い階段を上った工藤監督は、黒星の悔しさを押し殺すように、終わったことは責めることなく、今後の挽回を求めた。

 ただ、このミス以上に主砲の突然の「異変」が響いた敗戦でもあった。4回だ。先頭の3番内川が左前打で出塁したが、続く4番デスパイネは2打席目に立つことなく、代打の栗原と交代。試合後、工藤監督は「ちょっと体調不良ということだった。何となくフラフラする」と、本人から訴えがあったことを明かした。デスパイネは、試合中に1人宿舎へと戻り静養。柳田、中村晃に加えて前半戦でチームをけん引したグラシアルも不在の中、4番まで突然いなくなった打線は、5安打2得点と当然のように破壊力を欠いた。

 幸いデスパイネのきょう31日の出場について指揮官は「トレーナーの報告を聞いて判断するが、大丈夫だとは思う」と説明。チームにとって絶対に落とせない一戦での助っ人の離脱は免れそうな状況だ。この日の敗戦で7月は11勝11敗。31日の西武との2戦目を落とせば、5月に続き2度目となる月間の負け越しが決まる。「こういう暑い時なんで集中力だけは切らさないように、みんなで一球一球集中してやっていきたい」。V奪回へ、“夏バテ”だけは厳禁だ。 (倉成孝史)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ