初回だけで50球 ソフトバンク・スアレスVS西武

西日本スポーツ

 ◆西武-ソフトバンク(31日・メットライフドーム)

 先発初勝利が懸かるソフトバンクのスアレスが初回に50球を費やして無失点に抑えた。

 先頭の秋山を8球で二ゴロ。続く源田に8球目で四球を与え、外崎は11球で空振り三振。さらに4番山川に12球目で四球、森は7球目で四球。被安打ゼロで2死満塁のピンチを迎えたが、中村を4球目の150キロで空振り三振に仕留めた。

 2回は一転して栗山、金子侑、木村を11球で、3回は秋山、源田、外崎を12球でいずれも三者凡退に抑えた。

 昨年まで中継ぎで活躍したスアレスは、4年目の今季は先発転向して前回登板まで5試合(救援1)で0勝4敗。先発では4戦全敗と結果が出ていない。

PR

PR

注目のテーマ