初登板白星の地で復活勝利を誓う ソフトバンク大竹

西日本スポーツ

 大竹が思い出の地で復活勝利を目指す。昨年は7月末に支配下登録され、8月1日にメットライフドームでの西武戦で1軍デビュー。先発で8回2失点の好投を見せ、育成ドラフト出身選手として史上初の初登板初先発初勝利を飾った。それからちょうど1年後の1日に同じ敵地での西武戦に先発。1カ月以上も白星から遠ざかり、5試合連続で4失点以上と苦しい投球が続く左腕は「状態は良くなっている。自分の投球を」と気合を入れた。

PR

PR

注目のテーマ