ソフトバンク甲斐野「実力負け」決勝打献上3敗目

西日本スポーツ

 ◆西武2―0ソフトバンク(31日・メットライフドーム)

 ルーキー甲斐野にとって悔しさが募る1球になった。8回2死二塁から山川に均衡を破られた右中間フェンス直撃の適時二塁打。カウント3ボール1ストライクからの152キロ真っすぐを外角低めに投げ込みながら、仕留められた。

 「実力負けです。(球筋の特徴として真っすぐが)ちょっとシュート回転するので甘く入らないように注意したのですが…」。今季3敗目に唇をかみしめていた。

PR

PR

注目のテーマ