育成選手、来年こそ支配下をつかめ/プロ野球番記者コラム

西日本スポーツ

若手選手を身ぶり手ぶりで指導する藤本3軍監督(左) 拡大

若手選手を身ぶり手ぶりで指導する藤本3軍監督(左)

 育成選手の支配下登録期限だった31日、ホークスに動きはなかった。今季、育成から支配下登録を勝ち取ったのは、1軍でも活躍した周東と川原、来日3年目のコラスの3人。一方、ウエスタン・リーグの打率上位につけている田城ら、他の背番号3桁の選手たちに吉報は届かなかった。

 一つの区切りを迎えたこの日、多くの育成選手を預かる藤本3軍監督は普段通りに若手の動きをチェックしていた。「今年は駄目だっただけで、これから先は分からない。『来年勝負するぞ!』という気持ちを見せてほしい」と奮起を促した上で、プロで飛躍したある選手の名前を出した。

 「育成入団じゃないけど、柳田が1年目の時なんかは、試合が終わった後も毎日1時間は打ち込んでいた。あのレベルの選手になるにはそれくらいやれなくちゃね」。日本球界を代表する強打者も、かつてはファームで泥だらけになりながら成長を続けた。落ち込んでいる暇はない。 (長浜幸治)

PR

PR

注目のテーマ