ソフトバンク デスパが体調不安を一蹴 先制2ラン&勝ち越し適時打

西日本スポーツ

 ◆西武-ソフトバンク(1日・メットライフドーム)

 4番デスパイネが先制の24号2ランを放った。初回2死一塁、松本航のど真ん中に入った直球を逆方向の右翼席に運んだ。

 「しっかり芯で捉えられた。打った瞬間、入ると思ったよ」。カード初戦の7月30日は体調不良を訴えて1打席のみで交代。2戦目の同31日は4番でフル出場したものの、3打数無安打だった。

 3試合ぶりの一発ですっかり体調面の不安を一蹴。「チームに迷惑をかけていたので、勝利に貢献したいね」とコメントした。2回に逆転されたが、3回に今宮の適時打で同点とした後、デスパイネは1死一、三塁から左前適時打で勝ち越した。

PR

PR

注目のテーマ