ソフトバンク大竹、今季最短KO 1年前はプロ初先発、初勝利

西日本スポーツ

2回、マウンド上で甲斐と話す大竹(左) 拡大

2回、マウンド上で甲斐と話す大竹(左)

 ◆西武-ソフトバンク(1日・メットライフドーム)

 ソフトバンク先発の大竹が今季最短の2回1/3でKOされた。

 昨年8月1日には、同球場でプロ初登板に挑み、8回2失点で初勝利を挙げた左腕。1年後の同じ日、同じ舞台で屈辱を味わった。

 初回は三者凡退に抑えたが、2回に3安打に死球が絡んで3失点。4番山川の左前打を皮切りに、木村の犠飛と佐藤の左翼線2点二塁打を浴びた。

 2点リードの3回には1死から右中間への二塁打を浴び、再び山川を迎えたところで2番手椎野に交代が告げられた。

PR

PR

注目のテーマ