ソフトバンク大竹、6試合連続でQS達成できず

西日本スポーツ

 ◆西武-ソフトバンク(1日・メットライフドーム)

 ソフトバンク先発の大竹が今季最短の2回1/3でKOされ、「何試合も同じように点を取られて、野手の皆さんや中継ぎの皆さんに本当に申し訳ないし、チームに迷惑をかけて責任を感じます」とうなだれた。

 先発しながらも5試合連続で白星がない。クオリティースタート(QS=先発で6回以上を投げて自責点3以下)も6試合連続で達成できなかった。

 昨年8月1日には、同球場でプロ初登板に挑み、8回2失点で初勝利を挙げた左腕。1年後の同じ日、同じ舞台で屈辱を味わった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ