守田が2日目DR制す びわこ大賞 【びわこ】

西日本スポーツ

 びわこボートのG1開設67周年記念「びわこ大賞」は2日、猛暑の中で2日目の戦いが展開された。12Rの「ドリーム2nd」は守田俊介がイン逃げで制した。その守田の支部の後輩・丸野一樹が、3走オール2連対で2日目を終えての得点率トップ。53号機は出足、伸びとも光る好仕上げで、地の利を生かしてこのまま突っ走りたい。好枠からこの日2、1着の井口佳典、3戦2勝の長田頼宗と続く。安河内将は2日目連勝で4位タイにジャンプアップ。初日DR1着の松井繁は6、2着で10位タイと一歩後退。強烈パワーの32号機を武器に快走していた今垣光太郎は、後半10Rの転覆(選手責任外)で順位を16位タイに落とした。

PR

PR

注目のテーマ