ヤフオクで高校野球決勝いかが?/プロ野球番記者コラム

西日本スポーツ

 クーラーでギンギンに冷えたヤフオクドームのテレビで、炎天下の久留米市野球場で戦う高校球児を見て思った。決勝はドームでプレーさせてあげたい、と。気温上昇による選手の体調面を巡る議論が盛んであることもあるが、プロ野球のホームタウンの本拠地球場で決勝戦が行われないことへの寂しさも感じる。

 最後の夏の記憶は一生残る。ヤフオクドームでのプレー経験は、それだけでも十分財産になる。これまでに福岡大会の開会式や開幕戦が行われたことはあるが、定着には至っていない。年間通じて各種イベントが行われるドームの日程確保が困難なことなどが要因というが、中学や大学の試合は今でも行われている。

 いっそ、福岡とともに九州他2県ほどの決勝を一斉に行う「高校野球決勝デー」なるものを開催すれば、九州各地の高校球児が目指す新たな“聖地”になり得るのではないだろうか。高校野球関係者の皆さん、この案いかがでしょうか? (鎌田真一郎)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ