熊本工 エースの林が好調アピール

西日本スポーツ

 県勢最多21回目の出場で初優勝を狙う熊本工の左腕エースの林彪太郎(3年)は「すごく楽しくて一瞬で時間が過ぎた」と夢舞台の練習を振り返った。林は昨夏、東海大星翔との熊本県大会決勝で逆転3ランを打たれた悔しさをバネに6年ぶりの甲子園切符を手にした。「調子も結構いい。このまま試合に臨みたい」と好調をアピールした。今年3月に就任したOBの田島圭介監督は「選手として甲子園の土を踏めてなかった。練習を気持ち良くさせてもらった」と連れてきてくれた選手に感謝した。

PR

PR

注目のテーマ