ソフトバンクいきなり猛攻 初回8人攻撃で4点

西日本スポーツ

 ◆日本ハム-ソフトバンク(3日・札幌ドーム)

 2連勝中の首位ソフトバンクが2位日本ハムとの直接対決で初回から猛攻を見せた。

 日本ハムの先発は金子。先頭牧原が中前打で出塁し、3試合ぶりに先発復帰した明石が高めの直球を引っ張り右翼フェンス直撃の先制二塁打をマークした。

 さらに1死三塁から野選で1点を追加し、松田宣が二塁打で好機を拡大。二、三塁から上林が初球の外寄りカットボールを中前へ運びさらに2点を奪った。

 初回から8人の攻撃で畳み掛け、3試合連続での先制に成功。一挙4点で先発のミランダを援護した。

PR

PR

注目のテーマ