昨年最多勝の多和田まだ1勝 今季最短KOで9試合勝てず

西日本スポーツ

 ◆オリックス-西武(3日・京セラドーム大阪)

 西武の多和田が今季最短の2回2/3で降板し、9試合連続勝ち星なしとなった。

 初回1死一、二塁からタイムリー、内野ゴロ、タイムリーで3失点。2回は2死二塁から西野のタイムリーでさらに1点を失った。

 3回は2死二塁から連続四球を与え満塁。ここでベンチが継投を選択した。中川に2盗塁、福田に1盗塁を許すなど足でもかき回され、防御率リーグ1位のオリックス山本とは投げ合いにならなかった。

 初の開幕投手を務めエースとしての働きが期待された多和田は、4月12日にオリックスを完封して今季初勝利を挙げたが状態が上がらず、5月下旬からファームで再調整。7月20日に復帰した後も本来の調子を取り戻せず、3戦連続勝ちなしとなった。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ