5Rで127万車券 【小倉】

西日本スポーツ

 3日の小倉競輪のA級予選5Rは大荒れ。人気だった竹元太志‐中井大介の地元勢が捲り不発で敗れ、小倉競輪の3連単で史上3番目の高額配当127万520円が飛び出した。超大穴の立役者となった大川栄二は「任せた板橋慎治君とは最近よく同じ開催になっていて、前々に頑張ってくれると思っていた。調子は悪くないし、準決でも確定板に載りたいね」。昨年12月の小倉戦((1)(5)(7))以来となる1着スタートに笑顔がはじけた。

PR

競輪 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング