藤蔭VS明徳義塾 名門相手「うれしい」

西日本スポーツ

明徳義塾の西田龍生主将(左)と藤蔭の松尾将主将 拡大

明徳義塾の西田龍生主将(左)と藤蔭の松尾将主将

 ◆全国高校野球選手権組み合わせ抽選会(3日・大阪市フェスティバルホール)

 ■第3日(8日)第2試合:明徳義塾(高知)―藤蔭(大分)

 2年連続出場の藤蔭は甲子園常連の明徳義塾との対決となった。竹下監督は「名のあるところとやらせてもらえるのはうれしい」と歓迎した。昨夏の初戦も強豪と対戦。開幕戦で星稜(石川)に敗れ、「甲子園1勝」をテーマに力強いスイングができる打撃を目指してきた。同校3回目の夏の甲子園初勝利へ、大分大会の打率が5割を超えた4番の塚本は「勝負強いバッティングを見せたい」と気合をみなぎらせた。

PR

PR

注目のテーマ