三重野“攻撃”失敗で初Vならず 九州OPゴルフ2位

西日本スポーツ

 ◆ゴルフ九州オープン最終日(4日=福岡・西日本カントリークラブ/6869ヤード、パー71/出場63人=うちアマ7人/正午の気象=晴れ、気温35度、東の風4メートル)

 50歳の手嶋多一(ミズノ)が通算12アンダーの272で初制覇するとともに、大会史上最年長での優勝を飾った。2打差の2位に三重野里斗(キミヱコーポレーション)が入った。

 初優勝を目指した三重野はベテラン手嶋の強さに脱帽した。「手嶋さんは自分のペースを持っている。表情がゆったりしています。いくらしゃべっても通用しません」と得意とする“口撃”を多用してもベテランを崩すことはできなかった。痛かったのは11アンダーで手嶋と並んだ直後の7番での第1打のOB。「フェードを打とうとしたんですが、逆球のチーピンが出て」と左に引っかけたドライバーでのティーショットを悔やんだ。

PR

PR

注目のテーマ