西武・山川「あそこまで飛ぶのは…」5階席最上部に超特大アーチ

西日本スポーツ

 ◆オリックス4―5西武(4日・京セラドーム大阪)

 3回に飛び出した主砲山川の6試合ぶりとなる32号同点2ランは、京セラドーム大阪5階席の最上部へ飛び込む超特大アーチだった。「打った瞬間にホームランと分かりました。あそこまで飛ぶのはなかなかない」と自画自賛。

 ただ大阪での3試合で、この本塁打を含めてもヒットは2本だけ。故障者続出の苦しいチーム状況で「仕事が全然できていない」と嘆く4番打者は「前半戦と違って、引きずっている時間はない。1打席ごとに(気持ちを)切り替えられたらいい」と“今後”を見据えていた。

PR

PR

注目のテーマ