ソフトバンク3連勝ならず “栗山マジック”にやられた2.5差

西日本スポーツ

 ◆日本ハム4―3ソフトバンク(4日・札幌ドーム)

 3タテ阻止に日本ハムが繰り出す策にまんまとはめられた。福岡ソフトバンクは中継ぎ投手を先発させる「オープナー」に初回をゼロで抑えられると、1点リードの5回に二保旭投手(29)が一挙4点を奪われて敵地3連勝を逃した。連勝も3でストップ。2位日本ハムとの差を4・5差まで広げられるチャンスだったが、2・5差になった。“小休止”を挟み、再び6日の敵地ロッテ戦から首位街道をひた走る。

■終盤の粘り評価

 あと一歩及ばず、宿敵日本ハムに3タテを食らわすことはできなかった。1点追う最終回。先頭で四球を選び出塁した明石を犠打で進め、1死二塁と一打同点の好機をつくった。だが、4試合連続安打中だった代打の長谷川勇は左飛。2死からは牧原が三ゴロに倒れた。連勝は3でストップ。今季得意としている札幌ドームで、小休止だ。

 2位日本ハムとの差を4・5ゲームまで広げられるチャンスだったが、再び2・5差まで戻された。それでも工藤監督は「(打線は)よくつないでつないで、すごく集中力を持ってやってくれてた。もう1本というところはありましたけど、負けるにしても内容が大事なので」と、3点を追う7回に2死からの4連打で2点を奪った打線の粘りを評価した。

 6回以降を無失点に抑えた中継ぎ陣の好投を含め、次へとつながる敗戦だが、工藤監督は「もう一つ勝ちたかったところはありますけど」と本音も漏らした。眼下の敵を一気にたたくチャンスだっただけに、1点差での敗戦を悔やむのも無理はない。前日は初回に4得点と先制パンチに成功したが、この日は3タテ阻止に並々ならぬ気合で向かってきた相手が繰り出した策にやられてしまった形だ。

 先発は3連戦初戦の6回に、2番手として1/3イニングを投じた中継ぎの堀だった。今季の日本ハムは、先発投手に短いイニングを任せる「ショートスターター」を多く採用。試合前、工藤監督も「(堀は)早く降りることは分かっているんで。左ということはあまり考えない」と、左腕が先発とはいえ、左投手対策の打順は組まない考えを明かして試合に臨んだ。

 その堀に、初回は2三振を喫するなど三者凡退に抑えられ、2回から相手マウンドには2番手のロドリゲスが登った。相手先発が無失点ながら、初回で降板したのは今季の試合で初。「ショートスターター」よりも短い「オープナー」に面食らったわけではないだろうが、打線は2番手のロドリゲスに2回から5イニングを1点に封じられた。

 とにもかくにも、敵地3連戦は勝ち越し。工藤監督は「しっかり勝ち越しができたのでいい3連戦だった。(次カードの)ロッテさんには負け越しているんで、何とかいい形でしっかり勝ち越して福岡に帰りたい」と大きな手応えを強調した。だが、この試合のように何をやってくるかわからない日本ハムが2位にピタリとつけていることは今後も不気味だ。足をすくわれないためにも敵地でロッテへの苦手意識を払拭(ふっしょく)し、首位独走の土台を固める。 (倉成孝史)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ