「がばい旋風」佐賀北、九州勢対決で神村学園に敗退

西日本スポーツ

初戦突破を果たせず、整列する佐賀北の選手たち 拡大

初戦突破を果たせず、整列する佐賀北の選手たち

◆全国高校野球選手権1回戦:佐賀北2-7神村学園(6日・甲子園)

 九州勢の対決となった第1日第2試合は、神村学園(鹿児島)が2回戦に勝ち進んだ。

 2年ぶり5回目出場の神村学園は初回、二つの失策や四球などから3点を先制。2回にも佐賀北先発の川崎の変化球を狙い打ち、2死から3連続二塁打で2点を追加。7回にも相手失策などで2点を加え、突き放した。先発した田中瞬は5安打、2失点で完投した。

 5年ぶり5回目出場の佐賀北は、5回に宮崎の犠飛、6回に江藤の適時二塁打で2点をかえした。守備でも二塁手の久保が、一塁線ファウルゾーンの飛球を飛び込んでキャッチするなど12年前に初優勝した「がばい旋風」時のような盛り上がりを見せたが、3失策が失点に結び付き、追い付けなかった。エース川崎は7失点しながらも142球を一人で投げきった。

PR

PR

注目のテーマ