藤蔭主将「やってやるぞ」 甲子園開会式 明徳義塾戦へ闘志新た

西日本新聞

 第101回全国高校野球選手権大会の開会式が6日、兵庫県西宮市の甲子園球場で行われ、県代表として出場する藤蔭の選手たちは約2万人の観客が見守る中、全国の代表校とともに堂々と入場行進。明徳義塾(高知)との初戦へ向け闘志を新たにした。

 前回優勝校で今夏は大阪大会で敗退した大阪桐蔭の主将を先頭に、出場49校が北から南の順に次々と入場。藤蔭は46番目に登場した。選手たちは吹奏楽の演奏に合わせ、大きく腕を振って憧れの甲子園の土を踏みしめた。県大会の優勝旗を手にチームを率いた松尾将主将(3年)は「昨日のリハーサルではなかったスタンドの歓声にびっくり。やってやるぞという気持ちがさらに強くなった」と興奮気味に語った。

 藤蔭は大会3日目(8日)の第2試合で明徳義塾と対戦予定。

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング