守屋 夏を乗り切れ!!

西日本スポーツ

 女子の賞金レースをけん引するのは守屋美穂(30)=岡山。7月芦屋のG2MB大賞で、女子では史上4人目となる男女混合特別戦Vの快挙。賞金トップに躍り出た。「まだまだ先はあるけど、途中でも1位になったのは初めてなのでうれしい」と素直に喜んだ。

 ただ、守屋にとって本当の試練はここから。「実は、夏場がすごく苦手なんですよ…」と苦笑い。「気温が高くて回転が上がらない夏は、回す調整がよくつかめていないんです。冬場やいいエンジンを引いた時は、そんなこと気にならないんですけどね」。確かに昨年、守屋がクイーンズクライマックス出場を決めたのは、11月のG2レディースチャレンジカップだった。

 となれば今節は今後を占う上でも重要な一戦。強敵がそろう上に、手にした56号機は2連対率26%の低調機と、真価が問われるところだ。「他のとの比較は分からないけど、乗りやすかった」。試練の夏を乗り切り、首位固めといきたいところだ。

PR

PR

注目のテーマ