SBスアレス「魔の初回」克服できず チーム追い付き黒星回避

西日本スポーツ

 ◆ロッテ‐ソフトバンク(7日・ZOZOマリンスタジアム)

 ソフトバンク先発のスアレスがまたも初回につまずいた。1死からマーティンに、浮いたチェンジアップを捉えられ、右翼スタンドに先制ソロを被弾。先発した6試合中、4度目の初回での失点になった。

 前回登板の7月31日西武戦(メットライフドーム)は1回だけで50球を要しながら無失点に抑える“怪投”を見せた右腕は、この日も初回に20球を要したが、2、3回は三者凡退に封じ立ち直る兆しを見せた。その直後、2巡目になったクリーンアップにつかまった。4回先頭の鈴木に初球チェンジアップを右前打にされると、続くレアードに初球の内角高め148キロを引っ張られ、左翼スタンドに運ばれた。中押しの2ラン。5回2死二塁となったところで降板。結局、失点は2本のアーチによる3点がすべてだった。

 チームが8回に3点を追い付き、黒星は免れた。

PR

PR

注目のテーマ