川野一発大逆転だ ボート王国九州山口!

西日本スポーツ

支部の後輩たちとレースを振り返る川野芽唯(左奥)  拡大

支部の後輩たちとレースを振り返る川野芽唯(左奥) 

 郷土勢が地元勢を圧倒する滑り出しをみせた。それを象徴するのがメインの12Rドリームを制した小野生奈。2度目の大会制覇へ好スタートを切った。

 12人が参加している郷土勢は初日、計5勝をマーク。真っ先に白星を挙げたのは5Rの深川麻奈美。いきなり巡ってきた1号艇を生かしてのものだが「悪くはないが、こわごわ乗っている。何とか勝てた」と着順とは裏腹に不安を露呈した。生命線の乗り心地アップへ集中力を注ぎ込む。

 日高逸子は6、3枠を(2)(2)にまとめる貫禄をみせた。「前半は展開が良かったです。でも2着が2本取れて良かった」と充実の表情。まだまだ衰え知らずのグレートマザー。後輩たちに負けじと大会3Vを目指す。

 抜群の存在感は大山千広。4、1枠で唯一の連勝発進を飾り、満開の笑みがはじけた。「後半はSを2回放ってやられたと思った。でも前半より(機力が)かなり良くなったので自信があった」。軽快な機力の後押しも受けてピンチを切り抜けた。G1初Vに向かって、勢いづく。

 悔しさを爆発させたのは川野芽唯。1回走りの4Rは6号艇だったといえ、6着大敗に「予選は5走しかないのに…。痛いです」と唇をかんだ。それでもポジティブなのが川野の強み。「試運転ではポテンシャルを感じる。レース後の試運転もすごく良かった」とエンジンには信頼を寄せる。今年は3カ月のF休みもあり、現在の獲得賞金額は女子で80位あたりと後れを取っている。「本当にそうなんですよ~。もう稼ぐところは今節しかないので頑張らないと」。第4代クイーンが一発大逆転へ反撃ののろしを上げる。 (荒木翔吾)

PR

PR

注目のテーマ