チーム支える牧原の存在「まあ必死です」/プロ野球番記者コラム

西日本スポーツ

 中堅でスタメン出場し、試合中に遊撃に入ったかと思えば、再び中堅に戻っていた。6日の牧原だ。今宮が左太もも裏に張りが出たため交代となり、急きょポジションが変更。左翼で先発していた長谷川勇もコンディションへの配慮が必要なため、途中でベンチに退いた。そのため、グラブを外野用に戻しグラウンドへ駆け出していった。

 今季は外野の3ポジションに加え、二塁、遊撃に就いた。持ち味の万能性を発揮している状況に「まあ必死です」と苦笑いした。今季は二塁一本での1年を目指したが、打撃の不振もあり、今の起用法になった。じくじたる思いもあるだろう。

 負傷者が続出した今季、現状も万全ではない選手が多いが、休養を挟みながら長期離脱を避ける方針が奏功してチームは首位を走る。「本当によくやってくれているよ」と工藤監督も牧原を高く評価。当初と見据えていたものは違うかもしれないが、チームを懸命に支えている。 (山田孝人)

PR

PR

注目のテーマ