ソフトバンク松田宣、一時同点2点打も「逆転できていれば」

西日本スポーツ

 ◆ロッテ5―3ソフトバンク(7日・ZOZOマリンスタジアム)

 ベテラン松田宣が一時同点の2点二塁打を放つなど気を吐いた。デスパイネの適時打で1点を返し、2点ビハインドとなった8回2死一、三塁。2番手左腕松永の甘く入ったスライダーを捉え相手左翼の頭上を越え、試合を振り出しに戻した。

 7日は2回に左前打、7回にも二塁打。今季4度目の3安打猛打賞も、チームは敗れてしまっただけに「あそこで逆転できていれば」と言葉少なだった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ