柳田8日に4カ月ぶり実戦復帰へ 月内1軍復帰視野

西日本スポーツ

筑後第二球場でベースランニングする柳田 拡大

筑後第二球場でベースランニングする柳田

8日の2軍戦で実戦復帰する見通しとなった柳田 ソフトバンク主な故障者の現状(カッコ内は抹消日)

 左膝裏肉離れで離脱している福岡ソフトバンクの柳田悠岐外野手(30)が8日のウエスタン・広島戦(タマスタ筑後=午後1時)で実戦復帰することが決まった。

【画像】柳田の負傷箇所

 当日の状態を確認した上で、問題がなければDHとして2打席程度に立つ予定。実戦は負傷した4月7日以来で、順調なら今月中の1軍復帰が視野に入る見通しだ。ロッテ戦で敗れたチームは3連敗。5チームが4・5ゲーム差にひしめく混戦にのみこまれた中、首位固めの鍵を握る主砲がペースを上げてきた。

■DHで2打席予定

 筑後のファーム施設に笑みがはじける柳田の姿があった。7日は屋内練習場で約20メートルのダッシュメニューに取り組み、フリー打撃でも約10分間にわたり快音を響かせた。その後は隣接する筑後第二球場に移動。和田や石川らが行っていた投内連係に参加し、精力的にベースランニングにも取り組んだ。「よっしゃー」などと声を上げながら、体中から噴き出す汗を気持ちよさそうに拭った。

 ファン、チーム、そして何より自身が待ち望んできた実戦復帰を迎える。8日のウエスタン・広島戦。1軍で待ちわびる森ヘッドコーチも「出る予定と聞いている」と明かし、当日に最終確認した上、問題がなければ、DHで2打席に立つ見通しだ。4カ月ぶりの実戦の実感を「まだないですね」と表現した柳田は「でも、それ(現在)まで野球をできなかったんで。そこはうれしいですね」と明るくうなずいた。

 負傷翌日の検査結果で全治3週間程度と発表され、順調なら5月中には復帰していた。それがここまで長期化したのには理由があった。セカンドオピニオンなどで詳しい症状が判明。前十字靱帯(じんたい)損傷の再建手術を行う際に使用されることがある内側ハムストリングス(太もも裏)に重度の損傷がみられたという。見立てより深刻だったことが明らかになり、リハビリの強度を大幅に下げることを余儀なくされたことが背景にあった。

 一進一退の状態が続く中でも焦りを抑え、慎重にリハビリを進めながら復帰への道のりを歩んできた。現在も万全な状態というわけではなく、今後も経過を見ながらコンディションを上げていくことに変わりはない。柳田は走攻守に高いレベルでプレーする選手ながら、ランニングなど走ることへの手応えについては「まだまだ。そこまではって感じです」と話すにとどめた。

 当初の見込みより大幅に遅れたとはいえ、2年ぶりのリーグ優勝と3年連続の日本一を目指す工藤ホークスにとって、これ以上明るい話題はない。必死でキープしている首位の座が安泰とはいえない中、柳田が戻ってくれば一気にゴールへ加速する可能性もある。まずはファームでの試合出場を重ね、調整が順調に進めば8月中の1軍復帰も視野に入ることになりそうだ。

PR

PR

注目のテーマ