今宮、プロ初の代打弾が逆転3ラン ZOZOマリンで5月24日以来の勝利

西日本スポーツ

7回、逆転3ランを放ち、ベンチでナインに迎えられる代打今宮(中央) 拡大

7回、逆転3ランを放ち、ベンチでナインに迎えられる代打今宮(中央)

 ◆ロッテ3-5ソフトバンク(8日・ZOZOマリンスタジアム)

 ソフトバンクが今宮のプロ初の代打アーチとなる逆転3ランなどで5点を奪い、連敗を「3」で止めた。

 先発の松本が2回に2点を先制されたが、5回の長谷川勇の3号ソロで反撃開始。直後に1点を奪われたものの、7回1死一、二塁で代打今宮がチェンから左翼席へ逆転の12号3ランを放ち、8回にはデスパイネの27号ソロで突き放した。

 2番手の加治屋が今季3勝目をマークし、9回を無失点で締めた森が今季22セーブ目を挙げた。

 ソフトバンクのZOZOマリンでの勝利は5月24日以来で、同球場での連敗を「4」で止めた。

PR

PR

注目のテーマ