5時間2分の乱戦に敗れ西武4位後退 大宮で今季3戦3敗

西日本スポーツ

 ◆西武7-11楽天(8日・大宮公園)

 西武が5時間2分の大乱戦に末に楽天に敗れ、4位に後退した。

 先発の松本航が4回5失点でKOされたが、強力打線は粘り強く反撃。3回に森が15号2ランを放つと、5回には中村の適時二塁打と栗山の内野ゴロの間に2点を挙げて追い上げた。7回には木村がハーマンから同点の5号2ランを放ち、試合は延長に入った。

 延長10回に1点を勝ち越されると、直後に木村が2打席連発となる同点の6号ソロ。2度にわたって試合を振り出しに戻したが、延長11回に登板した7番手マーティンが大乱調。8番手森脇も乱れて、この回は計5四死球に失策も絡み、被安打0で4点を失った。直後の攻撃は秋山、外崎の連打で無死一、二塁としたが、森が二ゴロ併殺に倒れたのが響いて無得点に終わった。

 西武は大宮公園で今季3戦3敗となった。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ