西武マーティン延長11回ぶち壊し…無安打で4失点 辻監督「何してんの」

西日本スポーツ

 ◆西武7―11楽天(8日・大宮公園)

 先行されても決して諦めない。ナインの必死の思いは、助っ人の自滅によってぶち壊された。延長11回。7番手マーティンの独り相撲で幕を閉じた。この回は無安打で4失点。辻監督は「ノーヒットで4点なんて初めて。何してんの。本当にどうしようもない。見ての通り」と突き放した。

 先頭銀次への四球から雲行きが怪しくなった。送りバントを試みる田中にもストレートの四球。渡辺佳のバントで三塁封殺を狙ったが、とんでもない送球となり、二走の生還を許した。続く辰己に死球を与えて降板。森脇も二つの押し出し四球などで負の連鎖を断ち切ることはできなかった。

 打線の驚異的な粘りを不意にした。5点を先行されながら、3回に森のバースデーアーチとなる15号2ランで反撃開始。7回に木村が同点の5号2ラン。1点を追う延長10回にはまたしても木村の6号ソロで食い下がった。

 指揮官は「これだけ長く守ると愚痴の一つも言いたくなりそうだけど、最後まで元気を出して攻めていた」と野手陣をたたえた。今季大宮では3戦3敗。5時間2分の死闘に敗れ、楽天と入れ替わり、4位に後退した。昨季の王者が正念場を迎えた。 (小畑大悟)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ