ソフトバンク強打の捕手が初の2軍月間MVP 長打率5割超

西日本スポーツ

ソフトバンク・九鬼 拡大

ソフトバンク・九鬼

 九鬼がウエスタン・リーグ7月度の月間MVPに選出された。全16試合に出場しリーグ2位の打率3割4分6厘をマークし、長打率も5割5分8厘。24日には広島のローレンスから3号2ランを放つなど強打の捕手として貢献した。月間MVPに選ばれたのは初めて。

 8月6日の広島戦で右手に死球を受けた影響から8日は欠場したが「素直にうれしい。でも満足するのではなく結果を積み重ねて、また1軍に戻りたい。そのためにも早く試合に復帰したい」と意気込んでいた。イースタン・リーグではヤクルトの塩見が選ばれた。

PR

PR

注目のテーマ