ソフトバンク長谷川勇、反撃号砲3号

西日本スポーツ

 ◆ロッテ3―5ソフトバンク(8日・ZOZOマリンスタジアム)

 長谷川勇が2点を追う5回、反撃開始の号砲となる一発を放った。この回先頭で打席に入り、佐々木の真っすぐを右中間席に3号ソロ。7月25日のロッテ戦以来の一撃は「うまく体が反応してくれた」という納得の一振りだった。4回までわずか1安打に封じ込まれていた佐々木の好投を切り崩す貴重なアーチとなった。

PR

PR

注目のテーマ