危機救った!今宮プロ初代打V弾 中村晃と福田が昇格へ

西日本スポーツ

 ◆ロッテ3―5ソフトバンク(8日・ZOZOマリンスタジアム)

 代打今宮が救った!! 負ければ今季のロッテ戦負け越しが決まってしまう「負けられない一戦」で、2点を追う7回、代打の今宮健太内野手(28)が逆転3ラン。プロ初の代打アーチで勝利を引き寄せた。連敗を3で止め、グラシアルやモイネロを欠いて臨んだロード9試合を何とか4勝5敗で乗り切って首位を死守。10日からヤフオクドームに戻り、2位日本ハムとの3連戦に臨む。

■代打で快音プロ初

 チームを覆っていた暗く重たいムードを、たった一振りで振り払った。2点を追いかける7回1死一、二塁。9番釜元の代打で出た今宮がヒーローとなった。ロッテのチェンが投じた初球だ。内角低めにきたスライダーを無心でバットに乗せた。打った瞬間に歓声を上げたソフトバンクファンが待ち受ける左翼席へ着弾。自身初の代打安打は逆転の12号V3ランだ。

 「代打の経験がほとんどないので緊張したけど、開き直っていけた。打つ前の何秒か記憶がないので、帰って映像を見て余韻に浸ります」と満面の笑みをこぼした。この3連戦は初戦の試合途中に左太もも裏に張りが出たため途中交代。前日7日は欠場した。その2試合も含めてチームは3連敗中だった。それだけに「この3連戦は何もしていないので、結果を残せて良かったです」とうなずいた。

 いつ何時でも、最後まで試合に出場する執念を示し続ける。欠場した7日は工藤監督も見守る中、守備練習からダイビングキャッチを披露するなど“アピール”を続けた。8日も同じだった。今季は患部が万全ではないため、休みながらのプレーが必要なことは分かっている。それでも、その時のベストを尽くすために“本能”が体を突き動かす。「代打となったので、ずっと準備はしていた」。ホークスを支える男の変わらない日常の姿だ。

 ファームで柳田が復帰したプレーを試合前に映像で見た。柳田が試合後に感極まったことを伝え聞くと「しんどかったと思います」とポツリと口にした。自身も昨季終盤は度重なる故障のため野球ができない苦しみを味わった。それだけに「プレーできない期間が長かったので。野球ができることは、本当にうれしいことなんです」と笑った今宮が、何よりも愛するグラウンドで輝いた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ