大山得点率トップ レディースC 【蒲郡】

西日本スポーツ

 蒲郡ボートのプレミアムG1「第33回レディースチャンピオン」は10日、準優入りを懸けた予選ラストの4日目を迎える。3日目を終え、得点率トップは大山千広。節一機力を武器に負けなしの5連勝と勢いが止まらない。予選ラストの11Rは3着以上で自力トップが確定となるが、史上3人目の完全Vまで視界に捉えた。2位以下は遠藤エミ、田口節子、小野生奈、大滝明日香が続き、準優1枠を争う。準優ボーダーを6・00と想定すると、当確は上位3人に大滝、松本晶恵を加えた5人。17位に並ぶ実力者の山川美由紀と寺田千恵は踏ん張りどころ。圏外からは、長嶋万記と中谷朋子が1着条件、エース機の向井美鈴が2走16点の勝負駆けに挑む。

PR

PR

注目のテーマ