竹井勝負の1枠 ボート王国九州山口!

西日本スポーツ

 どこまで伸びるのか。初出場の大山千広は連勝を「5」に伸ばしてトップを独走。「こんなに出ているのは久々」と機力は申し分なし。史上最年少V、史上3人目の完全Vへ、周囲はざわつき始めたが「意識しないで頑張りたい」と平常心そのもの。ニューヒロインの誕生は、秒読み段階へと突入する。

 先輩陣も負けていない。1日早い勝負駆けに追い込まれていた竹井奈美は、1、2着と挽回に成功。「これは奇跡ですね」と声のトーンも一気に弾んだ。機力も「整備して体感が変わった。Sを放った割に下がることもなかった」と勝負どころを前にきっちりと立て直した。

 女子のトップレーサーとしてSGオールスターにも出場した竹井だが、近況リズムは停滞気味。「ここでリズムを変えたいという気持ちで来た」と気合はひとしおで、予選突破は最低ノルマ。準優へは2着条件だが、最後に巡ってきたのは待望の1枠。「もちろん2着なんかいらない。1着を取って準優に乗りたい」。福岡勢は後輩の大山をはじめ、先輩の小野生奈や日高逸子も準優圏内に。竹井も負けじと第一関門を突破してみせる。

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング