役者戻ったソフトバンク0-4から大勝 日ハム守乱

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク8-4日本ハム(10日・ヤフオクドーム)

 パ・リーグ首位のソフトバンクが4点ビハインドをはね返し、2位日本ハムとの直接対決3連戦を白星で滑り出した。

 先発の千賀は走者を出しながら粘って序盤をしのいだが、5回に連打などから近藤の内野ゴロの間に失点。2死から渡辺に3ランを浴び、一挙4点を失った。

 それでもキューバ代表に招集されていたグラシアルや、故障離脱していた中村晃、福田が復帰した打線が奮起。6回に福田の二盗をきっかけに適時打3本で3点を返した。

 7回は先頭の中村晃の内野安打を足掛かりに好機をつくると、1死二、三塁で甲斐の犠飛に中堅手・西川の失策が絡んで逆転。続く明石の打球を一塁手・清宮が後逸する失策の間にもう1点を加えた。

 8回はキューバ代表から戻ったモイネロが登板して無失点。直後、またも相手の失策に乗じて福田が先発全員安打となる2点打を放ち、ダメを押した。

 ソフトバンクに重圧をかけたかった日本ハムだが、3失策と守備が乱れたのが痛恨。ゲーム差は再び「4・5」に広がった。

PR

PR

注目のテーマ