4・5差 主力復帰だけじゃないソフトバンクの勝因

西日本スポーツ

6回2死二塁、中前適時打を放った後、二塁に進塁し日本ハム・渡辺と交錯する内川 拡大

6回2死二塁、中前適時打を放った後、二塁に進塁し日本ハム・渡辺と交錯する内川

 ◆ソフトバンク8-4日本ハム(10日・ヤフオクドーム)

 首位ソフトバンクが、3・5ゲーム差で迎えた2位日本ハムとの直接対決3連戦を逆転勝ちで滑り出した。

 キューバ代表に招集されていたグラシアル、モイネロが戻り、故障離脱していた中村晃、福田、川島も一斉に復帰。布陣の充実はもちろんながら、この試合は走塁や守備が局面を動かした側面が大きかった。

 ソフトバンクは1点を追う7回、1死二、三塁で甲斐が中越えの大飛球。背走した中堅手・西川が追いついたが、グラブから球をこぼす。これが審判から完全捕球とは見なされなかった(記録は犠飛と失策)。タッチアップした三塁走者の松田宣は当然、同点ホームを踏んだが、失策の間に二塁走者の福田までホームへ頭から滑り込み、一気に逆転に成功した。

 「(福田)秀平がよくかえってきた」と評価する一塁の本多コーチ。ただ、西川の捕球態勢から「三塁は楽勝。本塁にかえることを考えなきゃいけない」と、三塁を回るケースを頭に入れ、膨らんでいた走路に納得顔だった。

 三塁の村松コーチの視点に移る。ボールが中継の二塁手・渡辺に返った時点で、福田は三塁に到達するかしないかというところ。腕を回し「いけ!」と叫んだ同コーチだが、この時点で本塁は「微妙なタイミング」と見えていた。

 だが同コーチは、バックホームする渡辺が球を握り直すのも見ている。渡辺が投げるころには、福田は三塁アンツーカーを出るところ。判断が吉と出たのを確信した。

 こうした走塁と守備の妙は、直前の6回にもあった。0-4から1点を返し、なお2死二塁。内川が中前適時打を放つ。西川の引っかけた本塁返球が何度もバウンドして減速したこともあり、二塁を陥れる好走塁を見せた。本多コーチは「これが大きかった」と強調する。

 単に得点圏に進み、チャンスを継続して日本ハムバッテリーに重圧をかけただけではない。続くデスパイネが右前打を放った場面。右翼手・大田は内川の生還を阻もうと、勝負の本塁返球を見せた。村松コーチには、これも本塁上は「微妙なタイミング」と見えていた。

 ところが、これを一塁手・清宮がカット。本塁返球の間に打者走者・デスパイネが二塁へ進むことを警戒してのプレーだが、内川はまんまと生還した。さらにデスパイネも一塁ストップしており、二塁でアウトを狙うこともできなかった。

 「微妙な心理がうかがえる部分ではある」とは村松コーチ。内川の二塁進塁が意識に残り、次のプレーに影響した可能性は否定できない。

 そもそも日本ハムは本来の一塁手・中田がベンチスタートしていた事情もある。この回1点差に迫ったソフトバンクは、冒頭の逆転シーンへとなだれ込んでいく。ソフトバンクは好循環、反対に日本ハムは悪循環が続いた格好だ。

PR

PR

注目のテーマ