西武ドラ7佐藤、ファンに感謝のプロ初アーチ

西日本スポーツ

 ◆ロッテ3-8西武(10日・ZOZOマリンスタジアム)

 ドラフト7位ルーキーの佐藤がうれしいプロ初本塁打を放った。2点リードの4回に富士大の先輩の外崎が17号ソロを放ち、なお2死から二木のフォークを捉え、左翼席に運んだ。会心の一撃をベンチで先輩から祝福されて「打った瞬間でした。すごい気持ちよかった」と歓喜に浸った。

 打球が着弾した左翼席のライオンズファンの好意で、記念のホームランボールは手元に届いた。

 初めて呼ばれたお立ち台では、記念球を誇らしげに掲げるとともに「大事なボールをありがとうございました」とファンに感謝した。

 8月は既に5試合目のスタメン出場となり、三塁で徐々に出場機会を増やしている。「自分はまだまだだけど、何とか食らいついてやっている」。成長著しいルーキーに、辻監督も「三振もするけど、ボールに向かっていく姿勢がある。試合に出れば、しっかり仕事をするからね。自信にしてほしい」と目を細めた。

 チームは、源田も今季初アーチを放つなどしてロッテに快勝した。首位ソフトバンクとは5ゲーム差。リーグ連覇に向けて必死の戦いを続ける。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ