熊本工・村上好救援 7回無失点

西日本スポーツ

 ◆全国高校野球選手権1回戦:熊本工3x-2山梨学院【延長12回】(10日・甲子園)

 6回から2番手で登板した2年生の村上が、12回までを無失点に抑える好投で勝利に貢献した。熊本大会でも4試合で救援登板していた2年生右腕は、7安打されながらも得点を許さず「今日は変化球が悪かったけど直球は良かった。内角の直球で三振を取れたのが良かった」とこの日の103球を振り返った。サヨナラの場面では、ネクストバッターズサークルで山口の本塁打を見ていた。「あの打席で山口さんは笑っていて、前の打席と雰囲気が違っていた。本塁打とは思わなかったけど絶対打つと思っていました」と頼もしい先輩に感謝していた。

PR

PR

注目のテーマ