筑陽学園9回2死から2点差同点も 春8強が初戦で涙

西日本スポーツ

 ◆全国高校野球選手権2回戦:筑陽学園3‐5作新学園【延長10回】(11日・甲子園)

 選抜大会8強の筑陽学園が9回2死から2点差を追い付く粘りを見せたが、延長10回に2点を勝ち越されて力尽きた。2点を追う9回、6番進藤勇也(3年)が一塁にヘッドスライディングする執念の内野安打で出塁。野田優人(同)も中前打で続くと、石川湧喜(同)が右越えの三塁打。それまで再三、好機をつくりながら、あと1本が出なかった打線にようやく集中打が生まれた。

 甲子園からエースナンバーをつけた西舘昂汰(同)が先発。初回にいきなり無死満塁のピンチを招き、犠飛で先制点を献上したが、最少失点に抑えた。その後も3回、6回の1点ずつにとどめ、7回以降は3人ずつで抑えて反撃を待った。しかし、追い付いてもらった直後の10回に先頭を左前打を許すと、二盗、三盗を許し、2本の安打で2点を失った。

PR

PR

注目のテーマ