ソフトバンク助っ人が珍プレーで失策、負傷して治療

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-日本ハム(11日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンク先発のミランダが目まぐるしい1イニングを過ごした。

 0-0の4回無死一塁、日本ハム石井が試みたバントは小フライに。前方への打球にチャージしたミランダは膝から滑り込んだが捕りきれず、素手でつかんでそのまま一塁送球したものの、フェアグラウンド側にそれた。ベースカバーの二塁手・明石の足がベースから離れる悪送球で、ピンチが広がった。

 ミランダは一塁送球には不利な体勢。同じく打球処理に走っていた捕手・甲斐は、ミランダがボールをつかんだ瞬間にミットで受け取って一塁送球する構えだった。ミランダは譲らず、ボールを握った手をミットから引き抜いて送球したが、裏目に出た。

 加えてミランダは、この珍プレーで負傷。ベンチ裏へ引き揚げた。治療を受けた上で続投。横尾はバント失敗の捕邪飛だったが、清水への四球で満塁となった。

 それでも中島の中飛で三塁走者のタッチアップはかなわず、西川を左飛に打ち取って結局は無失点。いわば自作自演の流れの中、ミランダは思い切りほえた。

PR

PR

注目のテーマ