ソフトバンク牧原自打球で悶絶交代 その後に急展開

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-日本ハム(11日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクが、負傷交代からナインの奮起で均衡を破った。

 2試合ぶりスタメンだった牧原が、0-0の5回1死、初球ファウルの自打球を右足首付近に当て悶絶。ベンチ裏で治療を受けたがプレー続行は困難で、福田が代打で登場した。

 1ストライクから打席に立った福田は自身の初球(記録上は2球目)で、相手守備位置を見て三塁手前へセーフティーバント。これが内野安打となり、続く甲斐がヒットエンドランを成功させて一、三塁にチャンスが広がった。

 甲斐の二盗で二、三塁となり、明石が前進守備の内野を破る中前2点打を放った。痛いアクシデントには違いないが、そこから急展開。オープナーの堀に続いて2回から登板していたロドリゲスを捕まえた。

PR

PR

注目のテーマ