筑陽・石川が2点三塁打 9回2死から同点

西日本スポーツ

 ◆全国高校野球選手権2回戦:筑陽学園3-5作新学院【延長10回】(11日・甲子園)

 強豪を相手に意地を見せた。チームの持ち味「土壇場の粘り」を甲子園でも発揮。2点を追う9回2死走者なしから6番進藤、7番野田の連続安打でチャンスをつくると、8番石川が右翼フェンス直撃の2点三塁打を放ち土壇場で追い付いた。「腕を畳んで内角をうまく打てた。これが筑陽野球というのを見せられた」と胸を張った。

 石川は選抜大会3試合に出場。10打数2安打で打点はなく甲子園4試合目で初打点を挙げた。選抜大会では敗れた準々決勝の東邦(愛知)戦で最後の打者になっている。「春のことがよぎったけど、弱気になっても仕方ないと思った」と自慢の俊足で一気に三塁へ。春の悔しさこそ晴らしたが、「最後、もう少し気持ち強く打てたら(スタンドに)入っていたんじゃないかと」と勝てなかった悔しさものぞかせた。

PR

PR

注目のテーマ