ソフトバンク明石 気合の一打「何とかものに」

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク2-0日本ハム(11日・ヤフオクドーム)

 明石が殊勲の決勝打を放った。両チーム無得点の5回1死二、三塁で打席が回ると、「(福田)秀平と(甲斐)拓也がいい流れをつくってくれた。何とかものにしたかった」と気合を入れた。ロドリゲスが投じた5球目の外角高めシュートを中前へ運び、走者2人を迎え入れた。「最初は外野フライを狙ったけど2球ファウルにしてきついなと思った。ゴロになれば何とかなると思った」と必死に食らいついた一打に胸を張った。

PR

PR

注目のテーマ