森唯斗フル稼働で火消しS「渡辺君大丈夫ですか?」

西日本スポーツ

9回途中から登板し、試合を締めた森 拡大

9回途中から登板し、試合を締めた森

 ◆ソフトバンク6-3日本ハム(12日・ヤフオクドーム)

 9回途中のピンチで登板したソフトバンク森が、2試合連続セーブを挙げた。

 8回にデスパイネの3ランでリードが5点に拡大。9回のマウンドには加治屋が上がった。だが2死から連続適時打で2点を失い、なお一、二塁。一発出れば同点の状況となり、森に出番が回ってきた。

 このカードは3日連続登板。前カードからは4試合連続登板となった。抜けたカットボールが渡辺の左脇付近を直撃する死球となり満塁。それでも代打谷口をカーブで空振り三振に仕留めた。

 眼下の敵だった日本ハムを同一カード3連勝で退け「それがほんとに大きい」とうなずいた。状況が変わっての登板にも「準備はしていたんで」と涼しい顔。「それより渡辺君大丈夫ですか?」と死球の相手を気に掛けていた。

PR

PR

注目のテーマ