神村学園2勝は遠く 9回無死から盗塁成功も1点届かず

西日本スポーツ

 ◆全国高校野球選手権2回戦:高岡商4-3神村学園(12日・甲子園)

 神村学園(鹿児島)は土壇場で1点差まで追い上げたが高岡商(富山)に敗れ、夏の甲子園初の1大会2勝を挙げることはできなかった。

 2点を追う7回に松尾駿が適時打。1点差に迫った直後、エース田中瞬が追加の1点を奪われて突き放された。2番手の中川が8回に犠飛でさらに1失点。この時点で1-4となった。

 迎えた9回、神村学園は先頭打者で途中出場の仲間が死球で出塁。思わずガッツポーズを繰り出し、3点差で無死の走者ながら二盗を試みて成功した。2死三塁と好機を広げた後、田中天が三塁強襲の適時打を放ち2点差。その後、相手内野手のエラーなどもあり再び1点差まで迫ったが、及ばなかった。

PR

PR

注目のテーマ