初回先制の立役者/工藤監督一問一答 8.12日本ハム戦

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク6-3日本ハム(12日・ヤフオクドーム)

-復帰した和田が5回1失点

 初回の3者連続三振から始まり、3週間くらい投げていないにもかかわらず、非常に素晴らしい立ち上がりをしてくれて、それが裏の3点につながったと思いますし。今日はイニング制限があったので5回で代えたんですけど、ナイスピッチングだった。

-立ち上がりに3者連続三振

 絶対復帰して投げるんだという強い気持ちを持ってリハビリをやってくれた成果が初回に出たというのは本人にとっても安心だと思いますし、僕らも見ていて素晴らしいなと思いました。

-初回は1番で起用した川島の安打から先制

 彼は試合に出るだけでなくベンチにいる時もチームを助けてくれてますんで、こうやって試合に出た時に先制点のきっかけをつくってくれたのはチームにとっても大きかった。あの先制点というのは川島君が出てくれたからこそだと思います。

-デスパイネが2ラン、3ランの2発

 さすが4番の仕事。1打席目の逆方向へのホームランが僕は素晴らしかったと思いますし。最後に得点が欲しい時に打ってくれたところもさすがだなと。素晴らし働きをしてくれたと思います。

-日本ハムに3連勝でチームは4連勝

 本当にいい形で勝ってこられてますんで、これを続けられるように、また次の3連戦、しっかり勝ち越せるように頑張ります。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ