神村学園の合言葉「夏2勝」は来年へ 主力にそろう2年生

西日本スポーツ

 ◆全国高校野球選手権2回戦:高岡商4-3神村学園(12日・甲子園)

 最終回、ナイター照明に照らされた甲子園のボルテージが一気に上がった。3点差の9回2死三塁から神村学園が粘りを見せる。7番田中天馬(3年)の三塁強襲安打で1点を返し、代打井上泰伸(2年)の中前への適時打で追い上げた。あと1点。大歓声を浴びた1番森口修矢(3年)が二ゴロに倒れ、チームが掲げた「初の夏の甲子園2勝」には1点届かなかった。

 「うちらしく粘りを見せて底力を発揮してくれた。選手に感謝したい」。小田大介監督は最後に意地を見せた選手をたたえた。

 勝負の分かれ目は7回だ。直前に0-2から1点を返し追い上げムードになったのも一瞬だった。1死三塁のピンチをしのいだ後、2死からエース田中瞬太朗(2年)が3連打で失点。「2アウトにしてホッとしてしまった。甘く入ったスライダーを打たれて、立ち直れなかった」と悔しそうに振り返る。

 壁は突破できなかったがチームは大きな可能性を秘めている。中軸の3人もエースも2年生。終盤に代打で出場した井上と中川武海も2年生だ。田中瞬は1回戦で完投し「独り善がりの投球じゃなく、野手を信じて打たせて取る投球をしなければ勝てないと思った」と大切なことを学んだ。代打で最後に適時打を放った井上は「あの場面はすごく緊張した。これから先輩のように確実に打てる打者になりたい。来年はレギュラーを取って、甲子園のベスト8までいきたい」と誓った。

 神村学園ナインの挑戦は続く。「明日からまた、出直します」と小田監督。来年の甲子園への道はもう始まっている。(前田泰子)

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ